未成年者がローンを組むこともできますが、保護者の同意が必要です。

未成年者について

自動車は、18歳から運転免許を取得することができます。
ですから、未成年者でも自動車の購入をするケースも十分に考えられるということになります。
もちろん未成年者でも、自動車を購入することはできますし、オートローンを組むこともできるようになっています。
しかし未成年者がマイカーローンを活用する場合には、保証人が必要になってくるということは理解しておきましょう。
おそらく未成年者の場合、親などの保護者が保証人となって、ローンの借り入れをするというのが一般的です。
ちなみに、大学生になって、自動車の運転免許を取得するというケースは、ままあると思われます。
大学生になって、いろいろと遊ぶ場所を広げるために、自動車がほしいということも出てくるかもしれません。
しかしもし大学生でも未成年であれば、両親の保証が必要になると思ってください。
また大学生の場合、まだ学生なので、それほどの稼ぎがあるとは思えません。
ですから、たとえ成人と呼ばれる20歳を過ぎている人でも、親の保証が必要になってくると思ったほうがいいでしょう。
ですから、両親に隠れてこっそりとマイカーを購入することは、かなり難しいということは、きちんと理解をしておきましょう。
もし自動車がほしければ、相談をしておくといいでしょう。
もしかすると親から資金援助を受けることができるかもしれません。
その場合には、金利なども少ない、さらに話ということになるかもしれませんので、返済も楽でしょう。